相差歳時記TOPへ≫≫

夏祭り!7月14日相差(おおさつ)鯨まつり!

 

港町ならではの文化と歴史が受け継がれる勇壮なお祭り!
鯨に乗った観音様」の伝説に登場する黄金の十一面観音菩薩を祀る青峰山正福寺に由来するのこのお祭り。元来7月14日の天王祭の一環。ここ鳥羽から志摩一円にかけて、海岸沿いの港町を中心に、豊漁感謝と航海安全を祈願するお祭りで、古くから各地区ごとに行われています。夜には 露店が並び、振舞いや『花火大会』が行われます。朝から夜遅くまでにぎわいます。
◆開催日時:例年7月14日(固定)12:00式典開始 13:30頃パレード開始〜16:00頃大鯨練り〜17:00頃終了 カラオケ大会ほか・・・21:00花火開始〜21:45終了

◆開催場所:メインステージ・相差漁港 相差町内一円

 

鐘や太鼓が鳴り響く中、子供たちから大人まで、相差町をマーチングバンドを先頭に、踊りながら練り歩く

パレード。観音様の乗った鯨神輿や大小の鯨神輿・・などなど。賑やかに、勇ましく、繰り広げられました。

まつりのクライマックスは鯨が海に浮かべられ海上パレード。その後宝船入港し福まきが行なわれます。

相差歳時記TOPへ≫≫